医療コラム|南大沢メディカルプラザ|八王子市・南大沢駅徒歩2 分の大型クリニック 日曜・祝日も診療

医療コラム|南大沢メディカルプラザ|八王子市・南大沢駅徒歩2 分の大型クリニック 日曜・祝日も診療

八王子市・南大沢駅徒歩2 分の大型クリニック 日曜・祝日も診療

文字のサイズ
小
中
大

医療コラム|南大沢メディカルプラザ|八王子市・南大沢駅徒歩2 分の大型クリニック 日曜・祝日も診療

記事一覧へ

糖尿病の検査について

 糖尿病の診断に用いられる検査の一つとして、経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)と呼ばれるものがあります。空腹時血糖が126mg/dl以上、随時血糖が200mg/dl以上あれば、まず「糖尿病型」と診断されますが、この他にも、この経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)によって診断される場合もあります。またこの検査では、「境界型」と診断されることもあります。また、インスリン分泌能やインスリン抵抗性なども同時に評価することが可能です。この検査が必要かどうかについては、通常、医師の判断に基づいて行われます。


  さらに、糖尿病と診断された場合、治療を行っていく上で重要となる指標の一つとして、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)と呼ばれるものがあります。


  このHbA1cの値は 過去1~2ヶ月間の平均血糖値を反映しており、つまり血糖コントロールの指標となります。HbA1cが8.0%以上ある時は、コントロールの評価としては「不可」となります。7.0から8.0%未満では「不良」、6.5から7.0%未満では「不十分」、5.8から6.5%未満では「良」、さらに5.8%未満では「優」となり、つまりこの数字が高い方が糖尿病のコントロールが悪い数字となっています。細小血管合併症の予防のためには、このHbA1cの数字で「優」または「良」、つまりHbA1c6.5%未満を目指すように心がけるべきであると考えられています。


  糖尿病の診断や経過をみていく上で、この他にも糖尿病の検査にはたくさんの種類があります。糖尿病の合併症に対する検査も重要です。これらには、眼底検査、尿検査、 自律神経機能検査などが含まれますが、いつ、どのような検査を行っていくかは、それぞれの主治医の先生の指示に従っていただければと思います。


 また、譖日本糖尿病協会から発行されている「糖尿病健康手帳」には、血糖値、HbA1c、血圧、体重等のほか、治療内容や合併症の検査所見も記載することができます。さらに血糖自己測定を行っている方は「自己管理ノート」を用いることで、糖尿病治療の経過の記録にも役立ちますので、ぜひ利用してください。


2009.3.12
日本糖尿病学会糖尿病専門医
奈部 浩一郎


サイドバー情報

はじめて受診される方へ

開院時間

平日9:00~19:00
(受付8:30~18:30)
土・日・祝9:00~17:00
(受付8:30~16:45)
各科診療時間のご案内
休診情報のご案内

所在地・ご連絡先

〒192-0364
東京都八王子市南大沢2-25
フォレストモール南大沢2-3F

TEL 042-670-2460
FAX 042-670-2466

アクセスはこちら

  • 医療コラム
  • 産業医契約について
  • 採用情報